映画waterボランティア応援ブログ        The movie "WATER"      


いつもありがとうございますおかげさまでボランティア応援部長3年目。日本の人口1%の方に届けメッセージ!自分の好きなこと、得意なことで一緒につながっていきましょう!
by water-movie
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2011年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

The screening of movie "Water" Feb.12 to Mar.4, 2011

There is a hint of the importance & possibility of Water and the bridge between human, water and Earth

On the movie "Water", total 23 members of scientist, researcher and religion are appeared and talked various research outcome, knowledge, belief .and philosophy regarding water.


Keyword is "nature, environment, education, health, agriculture, energy, future and children"


Movie "Water" ( Russian Documentary highest award in 2006)
Screening period : February 12 to March 4, 2011
Starting time : 10:45am (87 mins)
Language: English with Japanese sub titles (On Tue, Japanese dubbed version)

Place:  UPLINk http://www.uplink.co.jp/x/log/003786.php

Totsune bldg. 37-18,Udagawa-cho,Shibuya-ku, Tokyo 150-0042
9 mins on foot from Shibuya hachiko exitGo to narrow street between Tokyu honten(Bunkamura) and Megane superand pass Cafe Beroche and Seven-eleven, and you can find a nice cafe"Tabela" on 1st floor. That building is UPLINK!!


===================
I met movie "Water" and became the distributor of it.

The wonderful miracles happened when I got hurt and met with a setback. I sincerely appreciate all your warm supports!

It is said that 21st century is "The age of water"
PhD. Kurt Wutrich (Chemist in Switzerland, Nobel Prize Winner in 2002) said in the movie "WATER" "If there is no Water, any life never appeared on the earth. It is very important to prevent water crisis more than oil crisis."

If calculated as 1st generation is about 30 years, next 7th generation will be Year 2220 (210 years later), already in 23rd century!!My body would not be existed any more, but the earth will be covered with a lot of water and air, same as now.

I am very happy that if you find the hint of the importance & possibility of Water and the bridge between human, water and Earth through the movie "Water"

With the lot of gratitude from the bottom of my heart,

By Ryoko Nasukawa, Special supporter of movie "Water"
[PR]
by water-movie | 2011-03-01 23:06 | English(miuさん翻訳ありがと)

映画WATER再上映 2011年2月12日〜3月4日

☆水の大切さと可能性、人と水と地球との繋がりのヒントがここに☆

映画『WATER』では、総勢23名の科学者、研究者、宗教者が登場し、水に関するさまざまな知見や研究成果、信仰、哲学を語ってくれます。

キーワードは、自然、環境、教育、健康、農業、エネルギー、未来、子供たち


映画「WATER」 (2006年ロシアドキュメンタリー最優秀賞)
上映期間2011年2月12日~3月4日まで
上映時間10:45~(87分) 言語英語、日本語字幕(火曜日は日本語吹替え)


場所 UPLINk http://www.uplink.co.jp/x/log/003786.php
渋谷区宇田川町37-18トツネビル1階(渋谷駅から徒歩約9分、東急本店とメガネスーパー間の道を直進400M)


====================
映画「WATER」に出逢い、ボランティアで映画「WATER」を配給までしてしまいました。
何度も傷つき、もうだめだ、という時。奇跡的な出会いや暖かい支えによって、今日を迎えられましたこと、心から感謝申し上げます。

21世紀は水の時代と言われています。
クルト・ヴュートリッヒさん(スイスの化学者、2002年に多次元核磁気共鳴法の開発によってノーベル化学賞を受賞)は、映画「WATER」の中で、こう語っています。
「もし、地球上に水がなかったとしたら、生命もあり得なかったでしょう。石油危機より、水危機にならないことが大切なのです」と。

1世代をおよそ30年で計算すると、7世代先は210年後の2221年。23世紀です。私の肉体はありませんが、地球は、今と変わらぬ地球誕生以来の水と空気と大地で、7世代先の子供たちにバトンタッチされていきます!

映画「WATER」を通じて、水の大切さと可能性、人と水と地球との繋がりのヒントを見つけていただければこんなに嬉しいことはありません。

どうぞ、皆様の応援をお願い申し上げます。

心からの感謝を込めまして
 
映画「WATER」応援部長 
[PR]
by water-movie | 2011-03-01 12:00 | 応援部長泣き笑いの日々
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
検索
その他のジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧