映画waterボランティア応援ブログ        The movie "WATER"      


いつもありがとうございますおかげさまでボランティア応援部長3年目。日本の人口1%の方に届けメッセージ!自分の好きなこと、得意なことで一緒につながっていきましょう!
by water-movie
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

9月12日ご報告!本当に熱い会場になった!

2011年9月12日

10時。文京シビックの1階カフェ。
ボランティアで集まった初対面スタッフさんどうしで、チームにわかれていただき作戦会議。

短時間で打ち合わせ。担当のお仕事確認。
着々と準備がなされていきます。
テキパキすぎる動き!ここに集まっている方は、そんじょそこらの方ではないでしょ〜

たった一人で、会場を予約して時に不安にかられ、
泣きたい時もあった。
涙がちょちょぎれる、ありがとう。みんな。会えて嬉しいよ。

私は、というと。
ハサミはどこだっけ?あれはどこだっけ?おっちょこちょいすぎる、私。

13時。 小ホールロビーにて。
スタッフのみんなと輪になって、手をつないで
「満月の今日、熱い会場にするぞ~」「オッー」

14時半。
DVDプレーヤーが熱を持ち上映一時中断。
思わぬハプニング!まさか、本当に熱くなるとは。

ビックリしました~( T_T)\(^-^ )
ヒヤヒヤしました~(~_~;)

急遽、予定になかった主催者の思いのたけをマイク片手に話しちゃいました!

その後、抽選会。
よしもとおもしろ水族館ペアチケット2名様。
青森県、夢野工房の土偶2名様。
映画waterのDVD 1名様。


なんとかパソコンにつなぎ上映再開。

その間、スタッフさんにお家まで第2部の為のDVDプレーヤーを取りに戻っていただく。
助かった〜

江本さん講演の様子はコチラ!必見!
映画-waterトークショー-子供たちの未来のために私たちができること
http://www.ustream.tv/recorded/17247758
http://www.ustream.tv/recorded/17248047

スタッフさん含め、総勢、81名の方にご来場いただきました。会場が寒かったり、熱かったりと大変ご迷惑をおかけいたしました。そして、ありがとうございました。

鎌仲さん講演の様子はコチラ!必見!
http://www.ustream.tv/recorded/17249171
http://www.ustream.tv/recorded/17249535
http://www.ustream.tv/recorded/17249689



スタッフさん含め、総勢108名の方にご来場いただきました。大感謝です。ありがとうございました。


21時。 後片付け終了。
鎌仲ひとみ監督とスタッフみんなで輪になって手をつないだ!

私「これからも鎌仲監督を応援するぞ!」みんな「オッー」と。 んっ?ちょっと違和感。

鎌仲監督、すかさず言い直し てくれた。
「一人一人が自立して、ぶんぶ~ん!」みんな「ぶんぶ~ん!」コレ。コレ。

そっか、「誰かを応援する図式から、一歩進んで、自分で考えて行動する」

これまで誰かをトップにして安心してた。例えば、国とか偉い人とか。

自立する=自分で覚悟して行動する。責任を持つ。
自立した人として、つながっていくことが大事なんだ!!わ〜い、また一つ大きな収穫だ!


☆    ☆    ☆    ☆    ☆

抽選で土偶が当たったトモさんの感想を皆さんとシェアさせてください。
とっても、わかりやすくレポートしてくれてます。
リポータートモさん&トモさんのお母様、ありがとうございます。

 昨日、映画を観ました。
まず、1本目の「WATER」の感想です。

 地球以外の星に水が有るのか?無いのか?ボクにはよく分からない。もしかすれば、他の星にも水があるかもしれない。研究者らは、それを探し続けている。地球の今生きている全ての生き物は皆水から生まれてきたもの。

ボク等は、水が無ければ生きていられない。人間の体の70%が水で出来ているという事を考えるだけで、水に感謝したくなる。水だけでなく、全てのものに感謝したくなる。

ボク等は皆、時々忘れ、時々思い出す。もっと常に感謝すべきだと感じた。
でも、今朝起きると、もうすでに忘れている自分がいる。情けない話だ。

昨日の映画の中で、ボクは、面白い事を聞いた。
         
         それは・・・
 
水の結晶の話。水に言葉を話しかけてみるという実験を行ったそうだ。その結果“愛と感謝”の言葉を水に話かけると、とても美しい結晶になり、“ムカつく”等といった波長の荒い言葉をかけると、水の結晶も汚い形になる。
水は、ボク等人間の言葉が分かるし、心の中で想う事も、よく知っていると感じた。
つまり、波長の悪い言葉や想いを発信しつづければ、ボク等の身体の70%ある水は自らを汚くしているという、とてももったいない事をしているとボクは思った。

 「ミツバチの羽音と地球の回転」の感想です。
 
タイトルの“ミツバチの羽音”とは、一人一人の発言が大切で、一人一の意見をミツバチの羽音の様に、皆に伝える事。それが、大事だと、鎌仲ひとみ監督は、おっしゃっていました。

この映画は、前回の日記で書きました映画「祝の島」と内容は似てます。
テーマも似ていると感じました。でも、今回ボクが感じた事は、原発反対は勿論ですが、エネルギーについてもっと考えることでした。

リポーター「タコさんにいくつかご質問があります。人間は、地上に原発を建てようとしてますが、タコさんはどう思われますか?」

タコさん「ボク等には、原発は必要ないよ!海を汚さないで」

おそらく、タコに言語能力があれば、こう答えると思います。

反対しても無駄かもしれません。それでも反対し続ける事。これによって、
気づいてもらえるかもしれません。
あきらめずに、続ける事に意味があると感じました。
また、エネルギーに対するスウェーデンの人々の考えかたも勉強になりました。
最後に本当に祝島の人々や、震災にあった人達も、みんな幸せになれますように。祈り続けます。

この写真は、昨日抽選で戴いた土偶です!

以上、転載終わり~



心からの感謝を込めまして
なすかわ
[PR]
by water-movie | 2011-09-30 00:30 | 9/12文京シビック☆
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
検索
その他のジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧